風俗ナイト!

風俗は夜に行く、それが俺達の風俗ライフ

ズボンを履いたまま射精

投稿日:2016年4月24日

gahag-0068779751-1ヘルス体験談です。きららちゃんを膝の上に乗せる形を取って、最初はおっぱいを揉む。ほとんど密着したその体勢から、きららちゃんの重みと匂いを直に感じて間もなく勃起した。まだ服を着ていた状態だったので、ズボンの上にテントを張るような形となる。テントを見つけたきららちゃんはここぞとばかりに右手でテントを上から押しつぶすように圧迫してくる。我慢汁が取り留めなく溢れてきてしまったので、さすがにこのままではマズいとズボンを脱ごうと提案するが、きららちゃんはドSだった。「ズボンの中で射精しちゃいなさい」・・・ヘルス嬢がそんなことを言うなんて!替えのパンツはあるから問題ないというが、ズボンは汚れるよなぁって思うも抵抗はしなかった。ズボン越しに責められるのは初めてで、直に触られるよりも刺激が強かった。彼女は着痩せするタイプなのか、服の上からおっぱいを触ってみると結構なボリュームを感じました。おっぱいの感触を味わいながら射精・・・ズボンの中で暴れた愚息のせいでびちゃびちゃになっちゃいました。

ヘルス・愛のプレイ

風俗嬢が口に息がかかるくらいに密着してきて「○○さんのような人、タイプだから今かなりテンション上がっています」なんて囁くように嬉しいことを言ってくる。本当か、そういう設定にしているのかは分からないけど、そんなことを言われて嬉しくない男なんていません。嬢がしなだれながらキスをしてきて、耳元で「○○さん、好きぃ」甘い吐息と共にそんなことを囁かれます。ここで僕もようやく火が付き始める。ヘルスでここまで愛されることはなかったので、テンションは既にうなぎ上りしており、自分でも制御できないくらいに興奮していました。ペニスが膨張して嬢の尻の割れ目と擦れるのを利用して腰を動かしながらわっせわっせと扱き始めました。「器用ですねぇ?(笑)」って言われるくらい快楽を貪っていたようです。今度は体勢を反転させて上の尻をこちら側に向けさせる。すると、ケツだけじゃなくてアソコも丸見えでクンニするにはちょうどいい位置にあったので舐めまくりました。